協会名鑑とは

協会名鑑は、以下のビジョン・ミッションのもと活動しています。

ビジョン

あなたと協会が社会を変える

人類が文化的革命を遂げるに至った重要な要素は何か、ご存知でしょうか。

ジャーナル誌「Current Anthropology」で発表された論文によると、それは「協力的で仲良くでき、相手から学び取れる能力」なのだそうです。そこでは「各集団の人数が多く、集団間の繋がりが強いほど、文化的革命が起こりやすく、維持しやすく、広まりやすい」といった趣旨のことが論じられています。

近年、このような文化的革命を想起させる集団が増え始めています。それが「協会(※)」です。

「協会」というと、お堅いイメージをお持ちの方が多いかも知れません。しかし、近年はそのようなイメージからは遠くかけ離れた、そのモトやコトが好きな人たちが集まり、業界を良くしていこうという集団が増え始めています。言い換えると、いわば愛好会の発展系のような集団が「協会」というカタチで増え始めているのです。

『協会名鑑』は、これらの協会を応援します。具体的には「人と協会が社会を変える」をビジョンとして掲げ、このビジョンの持続的実現に向け3つのミッションを推進します。

※『協会名鑑』は「文化的革命を想起させる集団」を応援しています。そのため「協会」だけでなく「連盟」「委員会」「愛好会」「友の会」といった、ある目的に対して集まった会員が協力して活動する「協会」と名のつかない団体も応援しています。

ミッション

①協会を「知る」
②人と協会を「繋げる」
③人と協会を「応援する」

①協会を「知る」

現在の社会において、協会を知る方法は存在しない、もしくは普及していません。そこで協会名鑑は、世の中に存在する協会情報を収集・整理します。

②人と協会を「繋げる」

集めた情報をもとに、人が協会を探し、入会する(繋がる)機会を提供します。協会に入会するにあたる気になるポイント(入会可能か?活動拠点はどこか?といった情報)を整理し、その情報を検索・閲覧する仕組みを提供します。また、協会と協会が繋がる機会も提供していきます。

③人と協会を「応援する」

人と協会が社会を変えるための応援をします。応援といっても単なる励ましだけでなく、協会のプレスリリース・活動内容の発信や、インタビューやコラム掲載、メディア・データベース構築といった、具体的に加勢を伴う応援も行います。

運営母体

『協会名鑑』は、株式会社ウェブリノベーションの 協会名鑑 編集部 が運営しています。

私たちの運営母体である株式会社ウェブリノベーションは、ウェブ活用において「リフォーム(元に戻す)」ではなく「リノベーション(価値の刷新)」に取り組む、中小団体・個人事業主のためのウェブサイト制作会社です。
協会を応援することが、リノベーション(価値の刷新)の観点から運営母体の発展に寄与するという考え方から、『協会名鑑』を立ち上げるに至りました。

『協会名鑑』の運営にあたり何かお気付きの点がございましたら、協会名鑑 編集部 までお問い合わせくださいませ。編集部よりお返事、運営改善に役立てさせていただきます。

お問い合わせはこちら

『協会名鑑』公式Twitter

毎日、新しい協会情報をお届けします。入りたいと思う協会が見つかったり、協会関係者の方は運営に役立つヒントが見つかるかも。皆様からのフォローをお待ちしております。
  1. 淡路島観光協会

    2018.01.27

  2. 日本エアギター協会

    2018.01.07

  3. 日本・イスラム交易協会

    2018.03.12

  4. 日本RV協会

    2018.03.27

  5. 日本おばかキッズ協会

    2018.01.08

  6. 日本産業カウンセラー協会

    2018.01.08

  7. 色材協会

    2018.03.04

  8. 日本イベント協会

    2018.01.24

  9. 佐賀市観光協会

    2018.01.19

  10. 九州電気管理技術者協会

    2018.04.19