ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)

『協会名鑑』編集部です。「社会を変える協会特集」第16回は、一般社団法人として活動されているピティナ(全日本ピアノ指導者協会)様を取材させていただきました!

Q. ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)は、どんな協会なのでしょうか?

1966年に発足した、ピアノを中心とする音楽指導者団体です。全国のピアノ指導者(街のピアノの先生から大学教授まで)をはじめ、ピアノ学習者やプロの演奏者、音楽愛好者などを中心に、調律師や研究者、音楽関連の学校・団体など約17,000人(2018年3月末)が所属しています。独自のコンクールや発表会、セミナーの開催などを通じて、指導者の資質向上を目指しています。

Q. ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)は、どのような想いやきっかけで設立されたのですか?

日本のピアノ教育のレベル向上を目指したい!という思いのもと、ピティナは誕生しました。設立した1960年代中頃、「ピアノ指導者」のスキルは地域によって大きな格差がありました。確固たる勉強法や指導法がなく、指導者そのものを育てる場所や環境も存在しませんでした。そこで、ピティナ生みの親である福田靖子が、全国各地からピアノの先生を集めてセミナーを開いたのが始まりです。

こうした歴史は現在も受け継がれています。ピティナに所属している指導者の多くは、レッスンを行う立場でありながらも自身がセミナーへ参加したり、相互に交流したりしながら、日々学びを続けています。「ピアノの先生」は資格や経歴ではかることはできませんが、積み上げた実績は存在していきます。指導者自らが成長を続けようとする姿勢こそ、ピアノを学ぶ人たちに希望を与えるのではないでしょうか。

Q. ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)は、普段どのような活動をされているのでしょうか?

全47都道府県に、支部・ステーション合わせて約500の事務局をもち、それぞれが主体的に活動しています。全国最大規模のピアノコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」と、“継続”を応援するアドバイス付きのステージ発表会「ピティナ・ピアノステップ」は、参加者が年間約10万組を超えるまでに成長してきました。また、支部・ステーションが主催/共催/後援している講座が年間約750回(2017年度)あり、全国のピアノ指導者を対象に、継続的な指導力向上を支援しています。

さらに、ピアノ指導者の研鑽にとどまることなく、広く社会に貢献し、音楽文化の発展に寄与することを目指しています。音楽教育が、子供たちの成長や地域の発展に好影響をもたらし、豊かな社会を作るための好循環をなすよう、「ピティナ・ピアノ曲事典」「ピアノ教室紹介」「学校クラスコンサート」「CrossGiving」など、多様な社会貢献活動を行っています。

Q. 最後に『協会名鑑』読者の皆様へメッセージがありましたらお聞かせください。

ピアノを身近に感じることで、もっと輝く毎日になりますように。そう願いながら、スタッフ一同ピアノの普及に取り組んでいます。
「ピアノを演奏すること」は難しいことではありません。ちょっとした趣味からピアニストを目指す人まで、ピアノとの向き合い方は一人ひとり違ってよいと考えています。幼いころから習い始める人もいれば、大人になってから初めて励む人、子どものころ学んでいたのでもう一度と再スタートする人など、レッスンへの扉をたたく人もさまざまです。ピアノを弾くことで生まれる学び、出逢い、つながりが、実りある生活を創り出します。楽器ひとつで無限の音を奏でることができるピアノ、触れてみることで気づくことがきっとあるはずです。

ピティナは、これからも一人でも多くの人がピアノに親しみ、より豊かな人生となるようサポートをしながら、国や地域社会の発展に貢献していきます。

ホームページを見る

社会を変える協会特集

  1. 岐阜県訪問介護協会

  2. ひょうご県防災教育振興協会

  3. 支援機器普及促進協会

  4. 日本アーティスト協会

  5. 日本ガレノス協会

  6. 全日本育児普及協会

  7. 日本行動障害支援協会

  8. 日本聴覚障害者芸術協会

  9. 日本味覚協会

  10. 国際ボランティア学生協会(IVUSA)

  11. ゲーム保存協会

  12. 徳島県古武道協会

  13. 国際ホリスティックフェイス協会

  14. 関西再生可能エネルギー協会

  15. 保護中: 岩手県木炭協会